え?また!?徳島のマックで異物混入か?食べたお客が急性胃腸炎

Sponsored Links



徳島市沖浜の「マクドナルド55号沖浜店」でマフィンを購入した女性客が、異物が混入していたとして食後に吐き気を訴えていたことが19日、分かった。 日本マクドナルドによると、女性は18日早朝、ソーセージエッグマフィンを購入した。自宅に持ち帰って食べたところ異物を感じ、すぐ吐き出したが一部を飲み込み、吐き気を訴えて病院で急性胃腸炎と診断を受けたという。異物は長さ約4センチ、幅約1センチの平たい焦げ茶色の物。 女性が知人を通じて店に連絡し、店長が異物を預かった。日本マクドナルド本社で異物を特定し混入経路を調べる。日本マクドナルドの広報担当者は「早急に調査しお客さまに報告したい」としている。

引用元: 長さ4センチの茶色の異物…徳島のマックで混入 食べた女性が急性胃腸炎 - 産経WEST.

徳島のマックと言えば、先月鳴門市の別のお店で異物混入がニュースになったばかり(´∀`)

なんとまた同じエリアの別の店で異物混入を起こすとは…

なんの安全防止策も講じていなかったということなのか?

完全に管理体制を問われることになるだろう。

しかし、被害にあった女性の方は、

一体何を食べてしまったんだろうね、

4cm幅の平らなモノと言う話だが、

相当これってデカいよねえ。

まあ、いずれにしても、

今回の事件は、マックの信頼をさらに落とすことになりそうだ。


Sponsored Links


最近の関連投稿

サブコンテンツ

このページの先頭へ